FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジンvol.23

■■■■■******************************
■■■■                               
■■■  FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン    
■■              Vol.23   2005年6月12日   
■                   HP → http://www.ftsn.org/
***********************************

 今号は札幌から配信となりました、FTSNメルマガ編集長 倉林です。
 
 6月の蒸し暑い東京を離れて、1週間北海道に来ています。
 富良野や積丹など、自然に囲まれた大地をめぐり、農家の人々に会い、また
いろいろな事を考えさせられました。

 テレビドラマ「北の国から」での五郎の遺言を思い出しました。
 「…金なんか望むな。倖せだけを見ろ。ここには何もないが自然だけはある。
自然はお前らを死なない程度には充分毎年喰わしてくれる。自然から頂戴しろ。
そして謙虚につつましく生きろ。それがお父さんのお前らへの遺言だ」

 札幌は菊水でフェアトレード商品を扱っているお店「これからや」さんにも
お邪魔して、元気でパワフルな店長さんから元気をもらってきました!

 そんな23号ではフランスからの海外Newsや、農大へのフェアトレード商品の
導入という嬉しいNews、間近に迫ったFTSN主催のフェアトレード勉強会の詳細
もあります。お見逃しなく!

                         編集長 倉林啓士郎

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

○ Contents ○

1、イベント情報4件
 ☆6月18日(土)『第2回 FTSN勉強会』@東京ウィメンズプラザ
 ☆6月19日(日)『2005児童労働撲滅キャンペーンin福岡』@博多スターレーン
 ☆6月19日(日)『夜の森』@カフェスロー
           ~メキシコよりパトリシア・モグエル氏を迎えて
 ☆6月22日(水)『クォータリーat発刊記念シンポジウム』@青山BOOKセンター

2、海外フェアトレードNews
  ~フランス政府公式フェアトレード認証登場か!? By小穴杏子

3、農大生協にフェアトレード商品導入 By米山亜里沙

4、【まだ申し込めます】FTSNより第2回勉強会のお知らせ


▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

1、イベント情報4件
 
 ☆6月18日(土)『第2回 FTSN勉強会』
  主催:FTSN 場所:東京ウィメンズプラザ
 詳細は後述の記事にて詳しくご確認下さい


 ☆6月19日(日)『2005児童労働撲滅キャンペーンin福岡』
  主催:NTT労働組合 場所:博多スターレーン1階Aホール
 毎年6月12日はILO(国際労働機関)の定めた「児童労働反対世界デー」です。
 NTT労組は、その日をはさんだ両週末(5日・19日)に仙台・福岡の2都市におい
て、一般参加型イベントの開催を行います。
 ブースではシャプラニールやグローバルトレーディングの扱うフェアトレー
ド商品が販売され、フェアトレードカフェも登場します。
 

 ☆6月19日(日)『夜の森』メキシコよりパトリシア・モグエル氏を迎えて
               ×100万人のキャンドルナイトプレイベント
  主催:ナマケモノ倶楽部・スローウォーターカフェ
  場所:カフェスロー(府中市栄町1-20-17) www.cafeslow.com
 森と自分の暮らしにキャンドルを灯してそこから見えるであろう世界。
採取→生産→消費→廃棄のなかの、表面化しない「採取」が起きている。
それに対して「できること」としての、森栽培というオルタナティブの可能性、
森林栽培のような「森とつながる暮らし」の提案+キャンドル点灯式。

 【ゲスト】パトリシア・モグエル、アルバロ・アギラル・アヨン
 【聞き手】中村隆市

  日時:6月19日(日)18:00~20:30(17:30開場)
  参加費:予約:1,800円/当日:2,000円 エクアドルコーヒー飲み放題
  問合・申込先:カフェスロー 042-314-2833


 ☆6月22日(水)『クォータリー「at」発刊記念シンポジウム』
  場所:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
 バナナやエビ、コーヒーの民衆交易に取り組む株式会社オルター・トレード
・ジャパン(ATJ)と日本ネグロス・キャンペーン委員会(CNC)は、編集室「パラ
グラフ」を立ち上げ、2005年5月に季刊誌『at』0号(創刊準備号)を発行しまし
た。その記念としてして下記のシンポジウムを開催します。
 HP:http://www.altertrade.co.jp/topics/topics07.html

 【パネラー】田中優(未来バンク事業組合理事長 ap bank顧問)
 岩崎ゆう子(コミュニティシネマ支援センター事務局長)
 堀田正彦(株式会社オルター・トレード・ジャパン代表)
 司会:郷雅之(クォータリー「at」編集人)

  日時:6月22日(水)19:00~21:00(18:30開場)
  参加費:500円  定員:120名
  問合・申込先:青山ブックセンター本店 03-5485-5511


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2、海外フェアトレードNews
  ~フランス政府公式フェアトレード認証登場か!?

 世界中でフェアトレードデーが盛り上がっていた5月はじめ、フランスのラ
ファラン首相(当時)の命令を受けた1人の下院議員によって、あるレポート
が発表されました。

 『フェアトレード:発展を支えるための40の提案』と題されたこのレポート
では約100ページにわたり、フェアトレードの背景と現状、基準などについて
詳細に記されています。そしてもっとも重要な結論として、フェアトレードの
公式認証の仕組みをつくる必要性が述べられています。

 このようなレポートが作成された背景には、より厳密なフェアトレード規格
をつくる試みが頓挫しそうになっているという事情があります。実はフランス
工業規格化委員会(AFNOR:ISOでフランスを代表する機関)では、以前から多様
なフェアトレード団体と協議を進めつつ、規格づくりに取り組んでいました。
 しかし、多様な意見をまとめることができず作業がゆきづまっているのです。
そこで、規格よりゆるい認証制度を模索することが提案されることになったの
です。

 このレポート発表について、フランスの有力なフェアトレード団体Artisan
du Mondeは、「よい議論の土台となるだろう」とコメントしていますが、政府
によるフェアトレード認証そのものについては懐疑的な立場を表明しています。

 果たして、このような公式の認証制度がフランスで実現するのかどうか、そ
の可能性については現状では何とも判断ができませんが、レポートを執筆した
Antoine Herth議員は関係省庁をめぐって調整をはじめているとのことです。
少なくとも現時点で言えるのは、これがもし実現したら、フランスだけでなく
世界のフェアトレード業界に大きなインパクトを与えるということでしょう。
 (小穴)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3、農大生協にフェアトレード商品導入

 このたび、農大の生協に念願のフェアトレード商品を1ヶ月間、施行期間と
して置かせてもらえることになりました!!

 何故生協にフェアトレード商品を導入したかというと、収穫祭という10月末
に行われる文化祭で、フェアトレードについての文化学術展を出展を予定し、
それに向けて学内のフェアトレードに対する意識向上を図るためです。
 私たちは、フェアトレードに関心のある学生で文化学術展に向けての団体を
立ち上げました。去年のFTSN主催の学祭報告会に出席した学生が、生協の店長
さんにプレゼンをして、今日に至ります。
 私たちの団体は生協での売り場作りや、フェアトレードに関するリーフレッ
ト作成をし、全面的に協力するつもりです。

 商品はネパリバザーロの紅茶クッキー(3種類)、紅茶、コーヒーです。
 今日見に行ったら、三種類ある紅茶のうち、一種類は完売してました。
 クッキーの売れ行きも良く、おいしいと評判です。
 値段的にもクッキーは学生が一番手に取りやすい商品だと思います。

 生協での紅茶、コーヒーの需要は決して多いとは言えないので、私たちは研
究室などをまわることも予定しています。
 ちなみに紅茶・コーヒーの需要は理工系の学部がある大学で多いと生協の店
長さんからアドバイスをもらったので、生協にフェアトレード商品を導入した
いと考えている理工系の大学の学生さんは参考にしてもらえたらと思います。
 
 今後学生からの要望があれば、施行期間が延びる可能性があるので、友達な
どに口伝えで広めている今日この頃です。
(米山)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4、FTSNより第2回勉強会のお知らせ~♪スタディーツアー報告♪

 ■■まだまだ参加可能 第2回 FTSN勉強会
  ■スタディーツアー報告 ~顔の見える関係とは~
 【企画概要】
 フェアトレードや国際協力に興味のある人にとって、現地へ訪れて活動する
というのは非常に関心の高いものです。今回は、FT団体が主催するスタディツ
アーに参加したり、個人でFTの生産者団体を訪ねたりしたFTSNメンバーより、
現地での体験、気持ちの変化などを報告してもらいます。
 さらに、「顔の見える関係」というのをテーマに、グループワークを行い、
現地での現状を踏まえながら、フェアトレードのあり方を探っていきます。

 【内容】
 ■■第1部
  □スタディーツアー参加者からの報告-パネル・ディスカッション形式
 ☆スペシャルゲスト☆
  ・河野妙子さん(慶応大マヤビニック代表)
     メキシコのコーヒー生産者を訪問
  ・飛川三智枝さん(FTSN)
     Free Kids Vollage の取引先のタイの生産者を訪問
  ・吉田彩子さん(FTSN)
     インド北部のFair Trade Company の取引先6つをFTcoのスタディ
     ーツアーを通して訪問。
 ■■第2部
  □「顔の見える関係とは??」をテーマにグループワーク・意見交換
 ■■まとめ
  □諸団体のスタディーツアー情報
  □FTSN次回イベント等告知

 【日時】
 6月18日(土) 18:00~20:00

 【場所】
 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
  http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

 【参加費】500円(場所代、印刷代、飲食代として)

 【持ち物】
 ・筆記用具
 ・マイカップ~フェアトレードコーヒーとお菓子を準備してます!

 【お申し込み先】
 ftsn_event@yahoo.co.jp
 -----------------------------------------
 ■□お申し込みフォーム
 お名前:
 所属:
 メールアドレス:
 連絡先:
 -----------------------------------------

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

 本メールマガジンはFTSN(フェアトレード学生ネットワーク)がフェアトレ
ードに関連するNewsや記事を隔週でお届けするメールマガジンです。
 周りの友人の方にもぜひ購読をお薦めしてください!
  登録はこちらから!→http://www.melma.com/mag/91/m00138891/

 本メールマガジンに関するご意見・ご要望、またフェアトレード関連情報も
お待ちしております。
 news@ftsn.orgまでお気軽にお寄せ下さい。

                         編集長 倉林啓士郎

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
           (無断転送・転載禁止
[PR]
by ftsn | 2005-06-12 13:22 | メールマガジン
<< 次回のミーティングについて FTSN(フェアトレード学生ネ... >>