<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン vol.37

■■■■■**********************************
■■■■                               
■■■  FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.37
■■                          2006年8月31日   
■                      HP →http://dp55062189.lolipop.jp/ 

***************************************
 みなさんこんにちは。メルマガ担当チギラです。今日で8月も終わり!今年の夏は短かったですね(涙)このまま地球汚染が続き、異常気象が当たり前になるのも、遠くないような気がします。ある研究者によると、30年後にはお正月に花見ができるとか…。
一人ひとり意識して地球に優しいことを出来る事からやっていかなければいけませんね。

 さて!今回は今年で第4回になるFTSNの全国合宿のお知らせや、ドイツのスタディツアー最終回、など、内容盛りだくさん☆今月も最後までお楽しみください。
 (千木良)
****************************************

【FTSNnews】

1. .イベント告知&お知らせ------------【全国】第4回FTSN全国サミット
2. 海外フェアトレード事情------------【ドイツ】ツアー報告 最終回!
3.イベント報告----------------------------【関西】フェアトレード交流会 
フェアトレード関連情報----------------【東京】ワークショップ
「ヨーロッパのフェアトレード事情  
 − 日本の私たちは何ができるか? 」
****************************************

【FTSNnews】
1. .イベント告知&お知らせ-
【東京】

「第四回全国フェアトレード学生サミット」の開催が決定~~!
毎年恒例の全国フェアトレード学生サミット。
四回目の今年は東京で開催します。
講演会あり、分科会あり、交流会ありと大変盛りだくさんな3日間!!

分科会では『コーヒー』『児童労働』『フェアトレードラベル』『少数民族』をテー
マに、講演会・パネルディスカッションでは、『フェアトレードとCSR』をテーマに
オルタートレードジャパン、フェアトレードラベルジャパン、イオンなどフェアト
レードに関する著名なゲストスピーカーの方をお呼びし、フェアトレードの最前線の
貴重なお話をしていただきます。
全国でフェアトレードに関わっている熱い仲間と一生の思い出に残る3日間を過ごし
ませんか?
一緒に日本のフェアトレードを盛り上げていきましょう!!

※なお、詳細は随時FTSN東京のブログでアップしていきます。
→→→→ http://ftsn.exblog.jp/

■日程:9月22日(金)18時~9月24日(日)12時ぐらい
■参加費 12000円
内訳:朝2食夜2食+宿泊代 10000円、施設利用費・諸経費 2000円
※合宿中の昼食代は含まれておりません

■場所:東京 本郷 更新館
URL :
http://www.nikkanren.or.jp/Cgi/ASP/Y_Index.asp?YN_CD=28460&TEMP_TYPE=50
■アクセス:[ 鉄 道 ] 東京メトロ 南北線 東大前下車 徒歩3分
■住所:〒 113-0023 東京都文京区向丘2丁目1番5号
■申し込み:名前、電話番号、メールドレス、所属(大学名と学年+所属団体)、普
段あなたが行っているフェアトレードの活動 をご記入の上、
ft_summit@yahoo.co.jp へ!!
「第四回全国フェアトレード学生サミット参加希望」というタイトルでお送り下さ
い。
■申し込み締め切り 9月14日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2. 海外フェアトレード事情

 ドイツフェアトレード学生ツアー報告 最終回!

最終回の今回は、ドイツのフェアトレード業界に共通していて、日本でも参考になる
と思われる要素を、3つのキーワードでお伝えしていきたいと思います。

まずは、『明確性』です。
この明確性は、フェアトレードの定義の共有から生まれています。

ドイツでは、トップダウン式にフェアトレードの定義を決めることを避け、なるべく
多くの関係団体の意見を取りこむために、度重なるミーティングをひらき、定義を共
有しています。

こういった努力により、フェアトレード以外の商品との差別化を図ることができ、消
費者に統一的なイメージを伝えることができるのです。
それは、フェアトレード商品の信頼性を創造することにもつながっています。

二つ目は『役割分担』です。
ドイツのフェアトレード業界では、さまざまな関係者が、それぞれの分野でフェアト
レードの普及に貢献しています。

たとえばスーパーは、消費者がフェアトレード商品に出会う機会を増やし、販路の拡
大、認知度の拡大に貢献しています。

フェアトレードショップは、多様な商品を販売し、情報提供・開発教育など、理解を
深める働きをしています。

フェアトレードのネットワーク組織は、キャンペーンの実施や、政府、WTO、EUへの
働きかけなどより、そして根本的な変革を起こすことを目指しています。

このような役割分担により、対象が明確になり、得意な分野で貢献でき、フェアト
レード全体の認知、流通の向上につながっているのです。

3つ目は、『連帯・協働』です。
フェアトレード団体が連帯することによって情報の共有が可能となります。
このことによって具体的には、無駄を省く、スキルアップなどを図ることができ、
フェアトレード団体間の協力関係を構築することができます。

現在のグローバル化が急速に進む市場の中で生き残るためには、
ネットワークでつながり、協同しながら、業界全体の底上げを目指すということがと
ても必要であると私たちは考えました。
そして業界全体がもりあがって市場が拡大することは、フェアトレードがサポートで
きる生産者を増やすことにもつながります。

私たちドイツスタディツアーの参加者一同も今後もドイツで学んできた経験を生か
し、多くの学生やフェアトレードの関係団体を巻き込み、
フェアトレードを盛り上げていきたいと思っています。これからもどうかよろしくお
願いいたします。

なお、今回のスタディツアーの報告が完成いたしました。大変充実した内容となって
おります!1部500円(送料込み)で販売しておりますので、ご希望の方は
reise@ncdg.jp 柳澤までお申し込み願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3.イベント報告
【関西】

☆フェアトレード交流会☆

8月20日に関西でフェアトレードの活動をしている人たちで交流会を開きました。
内容は、立命館大学beleafの渡辺真実ちゃんが用意してくれたワークショップを行い、その後近くのお店に入り駄弁りました★

ワークショップは、自分の好きなところを10個挙げて発表し、次に「私・フェアトレード・したい」でまず文章を作り、その文で表されたことを実行する時に起こる問題点を挙げて、最後にまとめでその問題解決を皆で考えていくワークショップでした。

「私・フェアトレード・したい」の文では、「私はフェアトレードで世の中を変えたい」「私は日本中をフェアトレードで埋め尽くしたい」また、「私はフェアトレードでNGO・NPOを子馬鹿にしたい」とおもしろい文も生まれました☆

そして、問題点では、どのようなものが挙がったかというと、「うまく伝えるのが難しい」「社会に出たらどうなるんだろう・・・」「フェアトレードで現地に貨幣が行くのって本当にいいのかなぁ」など、これからどんな風に活動していけばいいのか、活動していく上で足りないものはなにかなどなどを考えさせられました。

今回のワークショップで、フェアトレードの良い面・悪い面が見え、これから活動していく仲間の事が少しでもわかったのではないかな、と思います。
残念だったのは、日にちの設定が悪かったこともあり、参加人数が少なかったこと・時間配分が悪く、最後のまとめがきちんとできなかったことです。
これからもっと機会を増やして、フェアトレードに関係する人たちの交流の場を作り、もっともっとネットワークを広めて強めて行けたらな、と思います★
今回参加してくれた人、本当にありがとうございました!!
いたらない部分もありましたが、また次回こういう機会があったら是非参加してください。

FTSN 関西ブログ: http://ftsnkansai.exblog.jp/i0

【フェアトレード関連情報】

ドイツスタディーツアーメンバーで、今回のドイツ報告を書いてくれた
FTSNの長老うっちーが、ピープル・ツリーのワークショップに
ゲストスピーカーとして登場!!

フェアトレードの普及が進んでいるドイツ、イギリスの事例を学び、状況の異なる
日本で私たちに何ができるかを一緒に考えるワークショップ。ドイツスタディツアー
に参加したFTSN東京の内田陽子がスピーカーとしてお話いたします。スピーカー
の話を聞いた後、参加者の方にもグループディスカッションに参加していただきま
す。

テーマ :ヨーロッパのフェアトレード事情 − 日本の私たちは何ができるか?
日 時 :9月20日(水) 19:00~20:30
スピーカー :フェアトレード学生ネットワーク東京(FTSN東京) 内田陽子
フェアトレードカンパニー(株) 広報担当 小野倫子
グローバル・ヴィレッジ 広報担当 川村菜海

場 所 :「ピープル・ツリー」自由が丘店
申込方法 :メールで、9月20日のワークショップ希望と明記の上、参加者氏名と連絡
先を gv@globalvillage.or.jpまでご連絡ください。
参加費 :500円
定 員 :20名

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆編集後記☆
フランスで、明るいニュースばかりを取り扱う雑誌「reporters d’Espoirs」(仏語でホープ・リポーターの意)が話題になっているそうです。その中から、毎年ホープリポーター賞を選出しているそうなのですが、経済分野では、「フェアトレードでパレスチナの住民大量流出を阻止」という記事が最優秀賞を受賞したそう。パレスチナの小さな村で神父が主導し、古代からの産物であるオリーブオイルをフランスのフェアトレード企業を通して輸出し、246件の製造元が生活の糧を得ている、ということです。
暗いニュースが続く中、このような記事を見るとほっとしますね。そして、フランスでもフェアトレード認知が高いことに驚かされました。いつか日本でこのホープ・リポーター賞が行われることになった時、フェアトレードが賞をもらうような社会になっていたいですね。
(千木良)
[PR]
by FTSN | 2006-08-31 22:54 | メールマガジン

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.37

■■■■■**********************************
■■■■                               
■■■  FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.37
■■                          2006年8月31日   
■                      HP →http://dp55062189.lolipop.jp/ 

***************************************
 みなさんこんにちは。メルマガ担当チギラです。今日で8月も終わり!今年の夏は短かったですね(涙)このまま地球汚染が続き、異常気象が当たり前になるのも、遠くないような気がします。ある研究者によると、30年後にはお正月に花見ができるとか…。
一人ひとり意識して地球に優しいことを出来る事からやっていかなければいけませんね。

 さて!今回は今年で第4回になるFTSNの全国合宿のお知らせや、ドイツのスタディツアー最終回、など、内容盛りだくさん☆今月も最後までお楽しみください。
 (千木良)
****************************************

【FTSNnews】

1. .イベント告知&お知らせ------------【全国】第4回FTSN全国サミット
2. 海外フェアトレード事情------------【ドイツ】ツアー報告 最終回!
3.イベント報告----------------------------【関西】フェアトレード交流会 
フェアトレード関連情報----------------【東京】ワークショップ
「ヨーロッパのフェアトレード事情  
 − 日本の私たちは何ができるか? 」
****************************************

【FTSNnews】
1. .イベント告知&お知らせ-
【東京】

「第四回全国フェアトレード学生サミット」の開催が決定~~!
毎年恒例の全国フェアトレード学生サミット。
四回目の今年は東京で開催します。
講演会あり、分科会あり、交流会ありと大変盛りだくさんな3日間!!

分科会では『コーヒー』『児童労働』『フェアトレードラベル』『少数民族』をテー
マに、講演会・パネルディスカッションでは、『フェアトレードとCSR』をテーマに
オルタートレードジャパン、フェアトレードラベルジャパン、イオンなどフェアト
レードに関する著名なゲストスピーカーの方をお呼びし、フェアトレードの最前線の
貴重なお話をしていただきます。
全国でフェアトレードに関わっている熱い仲間と一生の思い出に残る3日間を過ごし
ませんか?
一緒に日本のフェアトレードを盛り上げていきましょう!!

※なお、詳細は随時FTSN東京のブログでアップしていきます。
→→→→ http://ftsn.exblog.jp/

■日程:9月22日(金)18時~9月24日(日)12時ぐらい
■参加費 12000円
内訳:朝2食夜2食+宿泊代 10000円、施設利用費・諸経費 2000円
※合宿中の昼食代は含まれておりません

■場所:東京 本郷 更新館
URL :
http://www.nikkanren.or.jp/Cgi/ASP/Y_Index.asp?YN_CD=28460&TEMP_TYPE=50
■アクセス:[ 鉄 道 ] 東京メトロ 南北線 東大前下車 徒歩3分
■住所:〒 113-0023 東京都文京区向丘2丁目1番5号
■申し込み:名前、電話番号、メールドレス、所属(大学名と学年+所属団体)、普
段あなたが行っているフェアトレードの活動 をご記入の上、
ft_summit@yahoo.co.jp へ!!
「第四回全国フェアトレード学生サミット参加希望」というタイトルでお送り下さ
い。
■申し込み締め切り 9月14日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2. 海外フェアトレード事情

 ドイツフェアトレード学生ツアー報告 最終回!

最終回の今回は、ドイツのフェアトレード業界に共通していて、日本でも参考になる
と思われる要素を、3つのキーワードでお伝えしていきたいと思います。

まずは、『明確性』です。
この明確性は、フェアトレードの定義の共有から生まれています。

ドイツでは、トップダウン式にフェアトレードの定義を決めることを避け、なるべく
多くの関係団体の意見を取りこむために、度重なるミーティングをひらき、定義を共
有しています。

こういった努力により、フェアトレード以外の商品との差別化を図ることができ、消
費者に統一的なイメージを伝えることができるのです。
それは、フェアトレード商品の信頼性を創造することにもつながっています。

二つ目は『役割分担』です。
ドイツのフェアトレード業界では、さまざまな関係者が、それぞれの分野でフェアト
レードの普及に貢献しています。

たとえばスーパーは、消費者がフェアトレード商品に出会う機会を増やし、販路の拡
大、認知度の拡大に貢献しています。

フェアトレードショップは、多様な商品を販売し、情報提供・開発教育など、理解を
深める働きをしています。

フェアトレードのネットワーク組織は、キャンペーンの実施や、政府、WTO、EUへの
働きかけなどより、そして根本的な変革を起こすことを目指しています。

このような役割分担により、対象が明確になり、得意な分野で貢献でき、フェアト
レード全体の認知、流通の向上につながっているのです。

3つ目は、『連帯・協働』です。
フェアトレード団体が連帯することによって情報の共有が可能となります。
このことによって具体的には、無駄を省く、スキルアップなどを図ることができ、
フェアトレード団体間の協力関係を構築することができます。

現在のグローバル化が急速に進む市場の中で生き残るためには、
ネットワークでつながり、協同しながら、業界全体の底上げを目指すということがと
ても必要であると私たちは考えました。
そして業界全体がもりあがって市場が拡大することは、フェアトレードがサポートで
きる生産者を増やすことにもつながります。

私たちドイツスタディツアーの参加者一同も今後もドイツで学んできた経験を生か
し、多くの学生やフェアトレードの関係団体を巻き込み、
フェアトレードを盛り上げていきたいと思っています。これからもどうかよろしくお
願いいたします。

なお、今回のスタディツアーの報告が完成いたしました。大変充実した内容となって
おります!1部500円(送料込み)で販売しておりますので、ご希望の方は
reise@ncdg.jp 柳澤までお申し込み願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3.イベント報告
【関西】

☆フェアトレード交流会☆

8月20日に関西でフェアトレードの活動をしている人たちで交流会を開きました。
内容は、立命館大学beleafの渡辺真実ちゃんが用意してくれたワークショップを行い、その後近くのお店に入り駄弁りました★

ワークショップは、自分の好きなところを10個挙げて発表し、次に「私・フェアトレード・したい」でまず文章を作り、その文で表されたことを実行する時に起こる問題点を挙げて、最後にまとめでその問題解決を皆で考えていくワークショップでした。

「私・フェアトレード・したい」の文では、「私はフェアトレードで世の中を変えたい」「私は日本中をフェアトレードで埋め尽くしたい」また、「私はフェアトレードでNGO・NPOを子馬鹿にしたい」とおもしろい文も生まれました☆

そして、問題点では、どのようなものが挙がったかというと、「うまく伝えるのが難しい」「社会に出たらどうなるんだろう・・・」「フェアトレードで現地に貨幣が行くのって本当にいいのかなぁ」など、これからどんな風に活動していけばいいのか、活動していく上で足りないものはなにかなどなどを考えさせられました。

今回のワークショップで、フェアトレードの良い面・悪い面が見え、これから活動していく仲間の事が少しでもわかったのではないかな、と思います。
残念だったのは、日にちの設定が悪かったこともあり、参加人数が少なかったこと・時間配分が悪く、最後のまとめがきちんとできなかったことです。
これからもっと機会を増やして、フェアトレードに関係する人たちの交流の場を作り、もっともっとネットワークを広めて強めて行けたらな、と思います★
今回参加してくれた人、本当にありがとうございました!!
いたらない部分もありましたが、また次回こういう機会があったら是非参加してください。

FTSN 関西ブログ: http://ftsnkansai.exblog.jp/i0

【フェアトレード関連情報】

ドイツスタディーツアーメンバーで、今回のドイツ報告を書いてくれた
FTSNの長老うっちーが、ピープル・ツリーのワークショップに
ゲストスピーカーとして登場!!

フェアトレードの普及が進んでいるドイツ、イギリスの事例を学び、状況の異なる
日本で私たちに何ができるかを一緒に考えるワークショップ。ドイツスタディツアー
に参加したFTSN東京の内田陽子がスピーカーとしてお話いたします。スピーカー
の話を聞いた後、参加者の方にもグループディスカッションに参加していただきま
す。

テーマ :ヨーロッパのフェアトレード事情 − 日本の私たちは何ができるか?
日 時 :9月20日(水) 19:00~20:30
スピーカー :フェアトレード学生ネットワーク東京(FTSN東京) 内田陽子
フェアトレードカンパニー(株) 広報担当 小野倫子
グローバル・ヴィレッジ 広報担当 川村菜海

場 所 :「ピープル・ツリー」自由が丘店
申込方法 :メールで、9月20日のワークショップ希望と明記の上、参加者氏名と連絡
先を gv@globalvillage.or.jpまでご連絡ください。
参加費 :500円
定 員 :20名

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆編集後記☆
フランスで、明るいニュースばかりを取り扱う雑誌「reporters d’Espoirs」(仏語でホープ・リポーターの意)が話題になっているそうです。その中から、毎年ホープリポーター賞を選出しているそうなのですが、経済分野では、「フェアトレードでパレスチナの住民大量流出を阻止」という記事が最優秀賞を受賞したそう。パレスチナの小さな村で神父が主導し、古代からの産物であるオリーブオイルをフランスのフェアトレード企業を通して輸出し、246件の製造元が生活の糧を得ている、ということです。
暗いニュースが続く中、このような記事を見るとほっとしますね。そして、フランスでもフェアトレード認知が高いことに驚かされました。いつか日本でこのホープ・リポーター賞が行われることになった時、フェアトレードが賞をもらうような社会になっていたいですね。
(千木良)
[PR]
by FTSN | 2006-08-31 22:29 | メールマガジン

全国フェアトレード学生サミット2日目の企画

全国フェアトレード学生サミット 二日目 23日(土)は午前中に分科会、午後に講演会、パネルディスカッションを企画しています。
サミットとともにご参加ください!!
以下詳細。

<分科会>

会 場:立教大学池袋キャンパス9号館(9201、9202、9203、9204教室)
時 間:10:00~12:10(受付は、9時半より)
参加費:500円
分科会:
1)「コーヒーとフェアトレードと企業」(リソースパーソン:(株)オルタートレード・ジャパン取締役  近藤康男)
2)「児童労働とフェアトレードと企業」(リソースパーソン:日本ファイバーリサイクル連帯協議会  理事長 田辺紀子)予定
3)「少数民族とフェアトレードと企業」(リソースパーソン:シャンティ国際ボランティア会国内事   業課 クラフト・エイド担当 鈴木淳子)
4)「フェアトレードとラベル運動」(リソースパーソン:フェアトレードラベルジャパン事務局長 松  木傑)
(特別プログラム:11:50~12:10、8201号室)
「企業の社会的責任(CSR)とは?」立教大学21世紀社会デザイン研究科CSR研究会事務局

<講演会・パネルディスカッション>
会場:立教大学池袋キャンパス(全体会:8号館8201教室、分科会:9号館)
時間:13:30~17:00
演題:「フェアトレードと企業のCSR:市民と学生の役割とは?」

基調講演者:長坂寿久(拓殖大学国際開発学部教授)
パネリスト:
1)近藤泰男((株)オルター・トレード・ジャパン取締役)
2)井口亜由子(フェアトレード学生ネットワーク九州代表)
3)仲谷正員(イオン(株)TOPVALU本部 商品部長)
4)金田晃一(大和証券グループ本社CSR室次長)
5)中村陽一(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
ファシリテーター:伊藤道雄(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
[PR]
by ftsn | 2006-08-29 01:22 | 今後のイベント

第四回全国フェアトレード学生サミット

第四回全国フェアトレード学生サミット」の開催が決定~~!
全国でフェアトレードに関わっている熱い仲間と一生の思い出に残る3日間を過
ごしませんか?
講演会あり、勉強会あり、交流会あり、大変盛りだくさんな3日間となっています。
講演会には、フェアトレードに関する著名なゲストスピーカーの方をお呼びし、フェアトレードの最前線の貴重なお話をしていただこうと思っていますので、是非いらしてください。
また、このイベントはみんなで作り上げていくイベントにしたいと思っています。
パフォーマンスやワークショップなどの自主企画も大募集です!!
参加希望者は下記のフォーマット記入の上 ft_summit@yahoo.co.jp
までメールを送信してください。
不明な点などもお気軽にお問い合わせください。
なお、詳細は随時アップしていきます。
学生の力で日本のフェアトレードを盛り上げていきましょう!!

■日程:9月22日(金)18時~9月24日(日)12時ぐらい
■参加費 12000円
内訳:朝2食夜2食+宿泊代 10000円、施設利用費・諸経費 2000円
※合宿中の昼食代は含まれておりません
■持ち物:フェアトレードに対する胸いっぱいの熱い思い
■場所:東京 本郷 更新館
URL http://www.nikkanren.or.jp/Cgi/ASP/Y_Index.asp?YN_CD=28460&TEMP_TYPE=50
■アクセス:[ 鉄 道 ] 東京メトロ 南北線 東大前下車 徒歩3分
■住所:〒 113-0023 東京都文京区向丘2丁目1番5号
■申し込み締め切り 9月14日
以下の項目をご記入の上、ft_summit@yahoo.co.jp
「第四回全国フェアトレード学生サミット参加希望」というタイトルでお送り下さい。

フォーマット↓
---------------------------------------------------
■名前:
■電話番号:
■メールアドレス:
■所属(大学名と学年+所属団体):
■普段あなたが行っているフェアトレードの活動を教えてください:
■このサミットで期待すること、やりたいことを教えてください:
☆自主企画(パフォーマンスやプレゼン、ワークショップなど)をされたい方は、
内容をお書きください!! (この自主企画についてのみ9月3日締め切り)
☆何らかのアレルギーをお持ちの方は、どういったアレルギーか教えてください。
[PR]
by ftsn | 2006-08-19 00:36 | 今後のイベント

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.36

■■■■■**********************************■■■■                               
■■■  FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.36
■■                          2006年7月31日   
■                      HP →http://dp55062189.lolipop.jp/ 
**************************************

 こんにちは~☆メルマガ担当チギラです。あつ~い、でも朝夕は肌寒~い、なんだか夏になり切らない今日この頃、いかがお過ごしですか?気がつけば今日で7月も終わり。テストも終わって夏休みは思いっきり遊ぶっていう方も多いと思いますが(社会人の方ごめんなさい)、旅行に出るのはこのメルマガを読んでから!! という私も、週末は大好きな鎌倉方面へ遊びに行ってきました。鎌倉でもフェアトレード商品を購入できるお店があるんですよ。 ・手作りの品の店 朋  http://www.nbazaro.co.jp/fairtradeshop/ft-shop/tomo.htm・ 鎌倉富士商会 http://www.kcb-cvk.com/sub24.htm みなさんも、鎌倉方面へ遊びに行った時には立ち寄ってみてください。(千木良)

*************************************** 【FTSNnews】
1.生協関連・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京外語大生協導入☆
2.イベント報告---------------------「フェアパ」報告
3.フェアトレード関連情報-------- ・「エコアドバッグキャンペーン」参加者募集            ・「環境ビジネス・ベンチャーオープン」でフェアトレード賞 

***********************************
【FTSNnews】
1.生協関連  

近頃、大学生協にフェアトレード商品を導入する大学が増えてきましたね!7月も、東京外語大の生協内で販売が始まりました。外大生協ブログでも、こんな風に紹介されています。http://www.cooplife.jp/tufs/?itemid=390  現在、FTSNが把握している数は、生協でない大学も含めて29大学(*)。全国の大学の数を考えると、まだまだ…という気もしますが、自分の大学にフェアトレード商品を導入しようと水面下で頑張っている学生もたくさんいるようなので、生協側の協力によっては、グンと数が増えていくのではないでしょうか。フェアトレード商品を生協に導入する際、何を仕入れればいいのか、POPはどうするか、FTを知らない学生へのアピール方法…など、迷ったときは、ぜひFTSNにご一報ください☆既に生協導入成功している学生や、今導入しようと頑張っている学生が力になります!一緒に生協導入を成功させましょう☆ 連絡先→→→ftsn_info@yahoo.co.jp*大学でフェアトレード商品を導入している大学数は、あくまでFTSNが把握している数値であり、導入校全てを把握していない可能性がありますので、ご了承ください。 (千木良)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2.イベント報告【東京】
フェアトレードでぱっとつながる「Fair-Pa」報告
7月23日渋谷にてフェアトレードパーティー通称:「Fair-Pa」が開催された。 このFair-Paを開催したFair-Pa実行委員会とは今年3月にドイツへフェアトレードスタディーツアーに参加したメンバーが主格なっている。ドイツのような強いネットワークを日本にも確立させて行こうという試みをイベントという形で表したのである。  彼らの努力も報われ100人以上もの来訪者で賑わった。来訪者はフェアトレードに関心のある学生ばかりでなく、フェアトレードショップの店員、フェアトレードに関する活動を推進している人など、いろいろな立場の方々が集まり、初めての試みであるフェアトレードパーティー「Fair-Pa」は大盛況に終わった。 スタッフや来客者だけでなく有志のパーカッションやパフォーマンス・ライブを行ってくれた人たちもとても良い笑顔をしていた。 こうしてFair-Paは当初の目的である人と人を繋げていく場をつくることが多かれ少なかれ出来たのである。その出会いがこれからどういったものをもたらしていくか楽しみである。次回のFair-Paが今から待ち遠しい。  (Fair-Pa実行委員会 大澤)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3.フェアトレード関連情報
●「エコアドバッグキャンペーン」参加者募集
【エコアドバッグキャンペーンとは?】
トートバッグにプリントする環境広告のコンテストを開催し、その最優秀作品をプリントしたオーガニックコットンのオリジナルトートバッグ「エコアドバッグ」を、東京都内に電車で通勤・通学している100人で持ち歩くキャンペーンです。ご応募いただいた中から選ばれた100人の参加者のみなさんには、もれなくエコアドバッグをプレゼントし、エコのことを考えたり取り組んだりするきっかけを広めるために、06年10月27日から11月16日までの3週間、ガンガン持ち歩いていただきます!日本初のバッグメディアによる市民発の環境コミュニケーションであり、とっても気軽に簡単に取り組めるエコアクションです。ドシドシご応募ください。 ☆このエコバックは、地球環境だけでなく、働いている人たちの環境にも配慮しているフェアトレード製品です。http://www.greentee.jp/skal.html 【応募期間】2006年7月10日~8月31日※当日消印有効 【応募条件】以下の条件を満たしている方ならどなたでもご応募いただけます。・電車で東京都内に通勤・通学している方・週に5日、1日に40分以上電車を利用している方・10月22日、または25日に行う事前説明会に参加できる方(渋谷区かその周辺で夜に行う予定) 【応募方法】応募フォームに入力し、送信してください。http://ecoprproject.web.infoseek.co.jp/cam_oboform.htm 【問合せ先】こちらまでお願いします。ecoprproject@gmail.com ECO-PR PROJECTのサイト↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓http://ecoprproject.web.infoseek.co.jp/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●「環境ビジネス・ベンチャーオープン」でフェアトレード賞   環境省、NPO、企業、大学の連携組織「eco Japan cup 2006実行委員会」(実行委員長:清成忠男・法政大学前総長)が実施している、環境ビジネス企画のコンテスト「eco Japan cup 2006」が、ベンチャー企業などが新しい技術・製品・サービスの事業企画を競う「環境ビジネス・ベンチャーオープン」という事業コンテストがあるそうです。 これは、05年に「愛・地球博」を記念して行われた環境ビジネス企画のコンテスト「環境ダイナマイト!2005」の後続企画として実施されているもので、環境ビジネスに挑む人材の育成、起業のきっかけづくりを目的としています。 「環境ビジネス・ベンチャーオープン」とこれから起業に挑戦する個人・グループの環境ビジネス企画提案力を判定する「エコ・チャレンジ!」の2つのコンテストから構成されており、それぞれ優秀プランを審査・表彰するとともに、応募者に対し企画に対する指導、環境面のアドバイスを行うのが特徴です。そしてなんと、「エコ・チャレンジ!」の賞は、グランプリ、スロービジネス賞、フェアトレード賞などを準備しており、優れた企画については、06年12月に東京ビッグサイトで開催されるエコプロダクツ展で表彰・紹介を行うそうです。12月に、どんなフェアトレードニュービジネスが発表されるのか、今から楽しみですね☆*そして!!我こそは誰にも負けないアイデアの持ち主だ!!という方、募集期間は8月31日まで!まだ間に合いますよ~!!ぜひ応募してみてください。詳しくは→→→http://www.eco-japan-cup.com/challenge.html (千木良)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆編集後記☆ 今号も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。今回は、私が最近で一番感動したサイトをご紹介します。 ☆国連開発計画のサイト☆ご存知の方もいるかとは思いますが、とっても見やすくてためになるデータなので、紹介させていただきます。現在の貧困の状態、2015年までのUNDPの貧困改善目標値などが、載っている国連開発計画の2005年人間計画レポートです。このようなレポートは英文で文章化されていると、ちょっと身構えてしまいますよね。でも、このレポートはイラストで分かりやすく紹介されています。英語版ですが、簡単なものですし、イラストつきなので、是非!!見てください。 http://hdr.undp.org/statistics/data/animation.cfm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
梅雨が明けないとは言っても、明日からは8月。今週中には梅雨明け宣言されるとか、されないとか…みなさん水分をよくとって、スタミナのあるものを食べて、夏バテしないようにしてくださいね。では、また次号♪♪♪(編集長 千木良)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本メールマガジンはFTSN(フェアトレード学生ネットワーク)がフェアトレードに関連するNewsや記事を隔週でお届けするメールマガジンです。周りの友人の方にもぜひ購読をお薦めしてください!登録はFTSNのホームページから!→http://dp55062189.lolipop.jp/ 本メールマガジンに関するご意見・ご要望・苦情はnews@ftsn.orgまで。
[PR]
by ftsn | 2006-08-07 22:03 | メールマガジン

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.35

■■■■■**********************************■■■■                              
■■■  FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.35
■■                          2006年 7月15日   
■                      HP →http://dp55062189.lolipop.jp/
  ************************************
 皆さん、こんにちは。メルマガ編集長のチギラです。先日、ふと家の近くのスーパーのコーヒー棚を見たら、小川珈琲さんが出しているフェアトレードコーヒーが置いてありました!普通の他のコーヒーと一緒に、当たり前のように並んでいたので、嬉しくなりました。最近は、無農薬や自然栽培という付加価値を求める消費者が増えてきており、フェアトレード商品も、そんな消費者の選択肢のひとつになってきつつあるのではないかと感じました。いつか、どこへ行ってもフェアトレード商品が買える、そんな未来を期待しつつ、今月も学生の取り組みをご紹介します☆ (FTSN 千木良) 
**************************************

【FTSNnews】
1イベント告知&お知らせ------------【関西】農大でFTの文房具発売
ショッピングセンターでFT商品販売
FAIR-PA☆
2.海外フェアトレード情報…………イギリスより                   
3.お勧めBOOK ------ ------ ------『足りないピース」

**************************************

【FTSNnews】
1.イベント告知&お知らせ 
●東京農大でFTの文房具発売[東京]東京農業大学(以下、農大)では、NGO「パクパク・ナティン」のジュースのアルミパックを再利用したフォルダーを7月末までの期間限定で導入しています! 導入のきっかけは、5月に開催されたフェアトレードフェスタで、パクパク・ナティンさんのスタッフの方と出会ったことです。農大はISO14001も取得しており、ごみ分別には力を入れています。 この商品はフィリピンの方が常に飲んでいるアルミパックをリサイクルして作られています。パクパク・ナティンは明るいフィリピンを発信したいということで、スタッフの方々が住んでいる各地域で精力的に活動に取り組まれています。また、フィリピンを紹介する紹介ボックスを作成し、全国に貸し出しを行っています。環境に対する意識が高い農大生に、少しでもフェアトレードを知ってもらえたらうれしいです。6月で生協にフェアトレード商品導入してから1年を迎えました。試行錯誤しながら活動をしておりますが、確実にフェアトレードは広まっていると感じています。 (東京 米山)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ショッピングセンターでFT商品販売[群馬]

皆さん、こんにちは。東洋大学 国際地域学部国際地域学科 子島ゼミ広報担当の星です。私たちのゼミの今年のテーマはフェアトレードです。子島ゼミでフェアトレード商品を販売します。場所は大型(?)ショッピングセンターをお借りします。規模はシャプラニール、People Tree、ネパリ・バザーロ、第3世界ショップからの委託で総額およそ300万円相当の商品を販売します。 現在、着々と準備を進めています。開催日の日程を記載しますので、皆さん是非足をお運び下さい☆詳細☆開催期間:8月16日(水)- 8月22日(火)(10:00~21:00)会場:つつじの里ショッピングセンター アゼリアモール1F「憩いの広場」http://www.tsutsuzi.com/ 主催:東洋大学 国際地域学部国際地域学
科 子島ゼミhttp://www2.toyo.ac.jp/~nejima/ 販売する商品:カレー・スパイス、クッキー、コーヒーなどの食品類から、素焼きの置物や麻のアクセサリーといった雑貨類、Tシャツやスカードなどの衣類を取り扱います。 (東洋大学 子島ゼミ広報担当 星 晃二) 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●FAIR-PA☆のお知らせ 先月号もお知らせしましたが、フェアトレードに関わるみんなと繋がるパーティーFAIR-PA☆が、いよいよ来週に迫ってきたので、再度お知らせさせていただきます。皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。 フェアトレードのことをもっと知りたい!どっぷりつかりたい!この思いをわかちあいたい!そして・・・輪を広げたい!そんな“みんな”のためのパーティーです☆

■とき:7/23(sun) OPEN13:30~CLOSE17:00■ところ:T’s salon (渋谷駅から徒歩5分)     Map:■参加費:事前申し込み(\1500)当日参加(\1800)■参加資格:フェアトレードに興味があること。以上!■ドレスコード:FT商品だったり、手作りだったり、        リメイクだったり~お好きなフェアドレスを・・・■持ち物:胸いっぱいのフェアトレードへの熱い思い・素朴な疑問・語り合う意欲フェアトレードのことをもっと知りたい!どっぷりつかりたい!この思いをわかちあいたい!そして・・・輪を広げたい!そんな“みんな”のためのパーティーです☆

*************************************

2.海外フェアトレード情報

イギリスのフェアトレード事情 ここイギリスでは近年フェアトレード認知度と商品の消費量が目覚しい成長を遂げていることをお伝えしてきましたが、それを後押しした要因の一つとして考えられるのは、フェアトレードマークによる認証の効果です。 ロンドンに事務所を構えるFairtrade Foundationは、世界規模のフェアトレード組織FLO(Fairtrade Labelling Organisations International)の加盟団体で、国際基準を満たしたフェアトレード商品に対して認証を与える組織です。イギリスにおけるフェアトレード普及のために1992年に国際開発NGOである6団体*1 によって設立され、後にイギリス最大の女性のための組織*2 もこれに加わりました。1994年に初めてチョコレートにフェアトレードマークの認証を与えて以来、コーヒー、紅茶、果物、花など多種多様な商品に認証を与えています。さらに消費者のフェアトレードへの認識を向上させること、企業にフェアトレード商品の取り扱いや途上国との貿易条件の向上を促すこと、フェアトレード基準を改善することを目的としています。 現在私がお手伝いをしているのはサポーターサービスというセクションで、フェアトレードサポーターをサポートする部門です。ここにはキャンペーンのためのグッズ(ポスター、パンフレット、Tシャツ、バッジなど)やフェアトレード商品についての詳しい資料、学校や教会や自分の住む街でフェアトレードを普及させるためのガイドなど様々な情報冊子があります。これらをフェアトレードをサポートしている個人、学校、教会、団体からの要望に応じて発送するのが主な役割です。 何か大規模なキャンペーンを行っている期間かそうでないかによってもオーダーの量は異なりますが、フェアトレードに関する詳細な情報を求めるは絶えません。 またここでは多くのボランティアスタッフが働いています。キャンペーンを通じて関心をもってボランティアをしたいと訪問してくる人や、もう何年もボランティアを続けているという学生や定年後のおじさまがいます。イギリスでのボランティアに対する一般市民の積極的な姿勢にはいつも驚かされるばかりです。日本でもボランティアがもっと多くの人にとって身近なものとなるのを期待しています。 参考 Fairtrade Foundation http://www.fairtrade.org.uk/ *1  CAFOD http://www.cafod.org.uk/ Christian Aid http://www.christian-aid.org.uk/ Oxfam http://www.oxfam.org.uk/ Traidcraft http://www.traidcraft.co.uk/ World Development Movement http://www.wdm.org.uk/ New Consumer http://www.newconsumer.org/ *2 the Women's Institute http://www.womens-institute.co.uk/ (FTSN 吉田)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お勧めBOOK】  『宮崎あおい&宮崎将 たりないピース』 クラフトリンクでおなじみのシャプラニールが制作に関わったチャリティーブック『たりないピース』が刊行されました。この本は女優・宮崎あおいさんと、兄・将さんのインド 1週間の旅を、写真家・森本美絵さんが撮影。スラムの学校、フェアトレードの村、障害者の仕事場などを訪れ感じた気持ちを綴った日記や毎晩行なわれた座談会を収録しています。 「ほんとうの幸せってなんだろう?」そんなことを考えさせる、20歳&22歳の心の旅のドキュメントです。 ★印税の一部が寄付されるチャリティーブック 宮崎あおいさん・将さんのご厚意により、 写真集の1冊当たりの印税のうち40円がシャプラニールへ、30円がインドで訪問したNGOに寄付されます。『たりないピース』判型/頁:A5判/128頁定価:1,575円(税込)発売日:2006/05/10発行:小学館 http://www.shaplaneer.org/tarinaipeace.htm購入全国の書店・オンライン書店にて購入いただけます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ☆編集後記☆  今週から、私の大学の購買でも、フェアトレード商品を販売することになりました。私は商品が売れるように、POPやチラシを製作しているのですが、どうしたら、フェアトレードをまったく知らない学生にアピールできるのか、どんな言葉で人は商品を買おうとするのか、試行錯誤が続いています。消費者を読むって難しいですね!でも、あまり飾り立てせず、ストレートな言葉で、今の不平等な世の中のことや、フェアトレードについて少しずつ情報発信していきたいと思っています。 みなさんの学校でも、フェアトレード商品導入したよ!とか、学園祭でイベントするよ!という情報がありましたら、FTSNにお知らせください。メールマガジンに掲載させていただきます。情報お待ちしています☆ (編集長 千木良)◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本メールマガジンはFTSN(フェアトレード学生ネットワーク)がフェアトレードに関連するNewsや記事を隔週でお届けするメールマガジンです。周りの友人の方にもぜひ購読をお薦めしてください!登録はFTSNのホームページから!→http://dp55062189.lolipop.jp/ 本メールマガジンに関するご意見・ご要望・苦情はnews@ftsn.orgまで。
[PR]
by ftsn | 2006-08-07 21:53 | メールマガジン

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.34

■■■■■**********************************■■■■  
■■■  FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン  Vol.34
■■                           2006年 6月 30日 ■                    HP →http://dp55062189.lolipop.jp/ 

*********************************

 こんにちは!メルマガ担当千木良です。梅雨とは名ばかりに、東京は暑い日が続いています。それもそのはず、早いもので明日から7月です!7月から8月にかけて、イベントの多い季節はワクワクしますよね!そこで早速イベント情報!!★東京:7/8(土)9(日)はアースガーデン夏{アジアンマーケットにてフェアトレード商品の販売が行われるほか、国際協力NGOなども多数出展します}http://www.earth-garden.jp/en_event/ ★大阪:7/23(日)アイハウス夏祭り“THE 賑”{大阪国際交流センターにて外国人との交流を目的としたイベントが開催され、フェアトレード商品が販売されます。}http://www.ih-osaka.or.jp/event/2006/j/06natsumatsuri/index.html さて今月は、鳥取で頑張っているFTSN中国のメンバーからイベント報告が届いています!地元の新聞やテレビに取り上げられ、大成功のイベントだったようですよ。どんなイベントだったのでしょうか??
**************************************

【FTSNnews】
1.イベント報告----------【鳥取】『とっとりフェアトレードカレーフェスティバル』 
2.イベント告知&お知らせ---【東京】『Fair Pa☆』
 【群馬】ショッピングモールで学生がFT商品販売に挑戦!
3. フェアトレード事業者紹介----PUENTE

*************************************
【FTSNnews】
1.イベント報告 【鳥取】 FTSN中国主催『とっとりフェアトレードカレーフェスティバル 
~日本一の鳥取カレーから世界一のやさしさを~』 実施報告

5月20日にFTSN中国としては初めての主催イベントを鳥取駅前の風紋広場にて行いました。今回のイベントは、『自分たちも楽しく、来てくれる人も楽しく、そんな中でフェアトレードを広めることができたら素晴らしい』ということで、昨年12月から企画を練り上げてきました。 イベントの主は、地域の方々にフェアトレードのスパイスを用い様々なフェアトレードカレーを作っていただこうというもの。サブイベントとして、鳥取大学演劇サークルによる約30分の本格「フェアトレード劇」やフェアトレードクイズ、フェアトレード商品の販売、展示を行いました。 カレーは当日出店6店(カレーショップ、地域の方、NPO、学生など…)にそれぞれ自分たちのこだわりカレーをフェアトレードスパイスを使うとともに、国産の食材を主に使ってもらい調理してもらいました。各店とも、本当に美味しいカレーを作ってくれ、当日用意した約300食のカレーは、全て完売しました。また出店してくださる方々とともに試作会兼勉強会も催すことができ、フェアトレードについてなんとなく国際協力という考えではなく、多少なりとも理解してもらえたのではないかと思います。実際継続的にフェアトレード商品を購入してくださっている方もいらっしゃいます。  「フェアトレード劇」はメンバーで台本を作成、演劇サークルの方に手直ししていただき、実施しました。今回はカレーンジャーという鳥取のカレーをアピールする戦隊の衣装をを借り、鳥取のカレーをアピールするとともに、フェアトレードをアピールしたのですが、結論から言うと「大爆笑」いや「大成功」でした。笑いの中でしっかりとフェアトレードをアピールすることができたように思います。観客だけでなく、演劇サークルの方たちにもフェアトレードを理解していただくことが出来ました。  フェアトレードクイズは、クイズを綿の生産の現状についてに絞り、出題しました。 また、地方での大きなイベントを学生団体が新しいことを始めるということでマスコミが、テレビ局2社、新聞社2社訪れてくださいました。地方ではメディアと協力してフェアトレードを宣伝していくことが可能だと思いました。  最後に多くの人に協力してもらいこのイベントを成功させることができたことを心から感謝いたします。
日本海新聞:http://www.nnn.co.jp/news/060521/20060521009.html
 FTSN中国 枝広哲也

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー2.イベント告知 【東京】 ┏○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●
Fair Pa☆ ~Pa!っとつながり、Pa!っとはじまるフェアトレード~ ●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○┛ 

フェアトレードのことをもっと知りたい!どっぷりつかりたい!この思いをわかちあいたい!そして・・・輪を広げたい!そんな“みんな”のためのパーティーです☆

===================================================

■とき:7/23(sun) OPEN13:30~CLOSE17:00■ところ:T’s salon (渋谷駅から徒歩5分)     Map:■参加費:事前申し込み(\1500)当日参加(\1800)■参加資格:フェアトレードに興味があること。以上!■ドレスコード:FT商品だったり、手作りだったり、        リメイクだったり~お好きなフェアドレスを・・・■持ち物:胸いっぱいのフェアトレードへの熱い思い・素朴な疑問・語り合う意欲====================================================
┌◆Fair Pa☆の背景└─────────

フェアトレードに興味を持っている人はとても多くても、その人たちが一度に集まる機会はこれまでありませんでした。そこで!フェアトレードをキーワードに色々な人が集まり、自由に語り合うことのできる場を企画しました。商品を輸入している人。ショップをやっている人。学生として活動している人。研究している人。最近気になり始めた人。形は様々でも、フェアトレードを愛する同じ気持ちを持った人びとが集まる場所それが=FAIR-PA☆
┌◆プログラム└──────■
PR企画♪フェアトレードに興味がある皆さんが一挙に集うこのフェアパ☆PRにもってこいの場です!以下のような企画をしていますのでふるってご参加ください。 □3minutes PRタイム オープンマイクで、あなたのアクションについて3分間自由にアピールができます!※要事前申し込み □フェアトレード商品でパーティーインテリア ひと団体につきひとつの商品を展示することができます。ステキにPRしてみませんか?※要事前申し込み   なお、実行委員会がPOPをおつけいたしますが、ご要望でメッセージがあればうけたまわります。 □メディアスペース チラシやフライヤー等、ご自由にお持ち寄りください。 ■MUSIC♪・ジェンベパーカッション・ミニライブ ■FOOD&DRINK FT食品を使ったFair food ☆Fair drinkをお楽しみに・・・
┌◆参加申し込み方法└─────────
以下の申し込みフォームを<fair.pa@gmail.com>まで送信してください☆ ====================================================

・名前・所属・連絡先(アドレス)・”Fair Pa”をどこで知りましたか?・3分間PRを希望しますか? (はい/いいえ)・フェアトレード商品パーティーインテリアへの参加を希望しますか? (はい/いいえ) ・⇒「はい」の方はその商品が何かお書きください。   なお1団体につき展示出来る商品は1点です。・フライヤー・チラシの持込を希望しますか? (はい/いいえ) ====================================================

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・   ★FAIR-PA実行委員会はオープンでフェアな立場を宣言します★ この場をどう楽しみ、どう生かすかは皆さんしだいです! ぜひぜひ一緒に盛り上げていきましょう! その輪がどんどん大きくなり、 日本のフェアトレードのエネルギーになっていくといいな・・・と願いつつ☆‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・


【群馬】 ●ショッピングモールで学生がフェアトレード商品販売に挑戦! 東洋大学国際地域学部の子島ゼミ生が、群馬県は館林市のつつじの里ショッピングモールにてフェアトレード商品を期間限定で販売するそうです!販売期間は8月17日~22日まで詳細は次号にて!お楽しみに★
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3. フェアトレード事業者紹介☆  『PUENTE』さん  5月のフェアトレードイベントで出会った女性のフェアトレード事業者さんで、彼女はほぼ一人で、生産者とのやり取り、開発、輸入を行っており、生産者と日本の消費者をつなぐために日々走り回っています。  地球の反対側にあるボリビア。先住民は、人口の55%を占めていますが、スペインの植民地支配以降からの根強い偏見や、読み書きの不自由、学歴の低さなどから、安い労働賃金しか得られない状況にいます。 そんなボリビアから届く商品は、どれもぬくもりがあり、使う毎に愛着が増していきます。ひとつひとつ丁寧に刺繍されたポーチを見ていると、山の斜面に腰を下ろし、おしゃべりしながら一針一針刺繍しているおばあちゃんたちの姿が目に浮かぶようです。 主な商品は南米ボリビアのアルパカを使ったぬくもりあるセーター。ポンチョや、かわいい指人形などを扱っています。中でも特に私の大好きな商品は、アクセサリーです。木の実を使ったおしゃれなネックレス、ピアス、髪飾りなどは魅力的で、目移りしてしまいます。先日のイベントでは、ひとつしかないネックレスを友人と奪い合う始末…今の季節、アルパカ商品は身に付けられませんが、インパクトあるアクセサリーは、夏のファッションのアクセントにぴったりです。PUENTEさんの商品はここで購入できます!→http://www.puente1uno.com/shops.html HP:http://www.puente1uno.com/index.html                          FTSN東京 千木良   

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
☆編集後記☆  先日実家に帰り、寂れた地元の街を散策していると、商店街の一角に見慣れた民芸品が…近づいてみると、やっぱり!間違いなくフェアトレード商品たちが所狭しと店内に並んでいました。自分の地元にフェアトレード商品を扱っている店があるとは全く知らなかったので、とても嬉しく、感動しました。そのお店は不登校の子供たちをサポートするNPO団体が運営しているお店で、おじさん3人が仲良く店番をしており、お友達になって帰ってきました。フェアトレードで繋がるネットワークって、ほんとに面白いですよね。  最近では、フェアトレードの存在が徐々に知られるようになってきており、一般のスーパーで見かけることも少なくなくなってきました。でも、大量販売だからこそ、どれだけ消費者がフェアトレードの意味を知って買っているのかは計り知れません。そんな状況になってきたからこそ、今学生の私たちは、本当の意味でフェアトレードを知ってもらう策をどんどん打ち出していくんべきだと感じる今日この頃です。  さて、次回はイギリスのフェアトレードレポートをお届けします!お楽しみに☆                              
編集長 千木良
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本メールマガジンはFTSN(フェアトレード学生ネットワーク)がフェアトレードに関連するNewsや記事を隔週でお届けするメールマガジンです。周りの友人の方にもぜひ購読をお薦めしてください!登録はFTSNのホームページから!→http://dp55062189.lolipop.jp/ 本メールマガジンに関するご意見・ご要望・苦情はnews@ftsn.orgまで。
[PR]
by ftsn | 2006-08-07 21:47 | メールマガジン