<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン Vol.14

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
  先日のFTSN主催イベント「学生とフェアトレード」は約40名の方に
 ご参加いただき、充実した時間となりました。現在議事録などをまと
 めておりますので、ご希望の方はメールでお問い合わせください。
  さて今年最後のメールマガジン。記事の本数はいつもよりちょっと
 少なめですが、3月末に時間がある人は必見のグローバル・ヴィレッジ
 のスタディツアー情報と、来年の世界のフェアトレードの動向をいち
 早くチェックできる最新ニュースをお届けします。
                             (多田)

⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪
★ Contents ★

1、イベント情報
 
 ☆"グローバル・ヴィレッジ"「北インド・スタディ・ツアー」
                   事前説明会を1月29日開催!

2、フェアトレード関連ニュース

 ☆2005年・フェアトレードアドボカシー戦略決定

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

1、イベント情報
 
 ☆"グローバル・ヴィレッジ"「北インド・スタディ・ツアー」
                   事前説明会を1月29日開催!

   2005年3月21日~4月2日までの日程で行われるグローバル・ヴィレッ
  ジのスタディツアー。今回はその説明会のお知らせです。紅茶や手工
  芸品の生産者団体を複数訪れるこのツアー。自分ひとりではなかなか
  ここまで回れないというプランになっています。要チェックです。

 <事前説明会>
【日時】2005年1月29日(土)11:00~12:30

【場所】グローバル・ヴィレッジ事務所
    東京都目黒区自由が丘2-16-29- 2F
【申込み】
    説明会参加ご希望の方は⇒ gv@globalvillage.or.jp

 <スタディ・ツアー>
【日程】2005年3月21日(月)~4月2日(土)

【費用】265,000円

【定員】9名

 *参加資格などその他詳しい内容はグローバル・ヴィレッジのホーム
  ページをご覧下さい。
  ⇒http://www.globalvillage.or.jp/pages/nist.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2、フェアトレード関連ニュース

 ☆「2005年・フェアトレードアドボカシー(*1)戦略決定」

  12月7日と8日、ブリュッセルでFINEグループ(*2)のメンバーによる
 フェアトレードアドボカシーフォーラムが開催され、来年は①ヨーロッパ
 でのフェアトレード推進活動と、②貿易問題に関する働きかけ、という2
 本柱で共同のフェアトレードアドボカシーが行われていくことが宣言され
 ました。

  ヨーロッパではフェアトレードを支援する政府も増えていますが、EUレ
 ベルの包括的なフェアトレード推進プログラムはまだありません。よって、
 FINEのメンバーはEU政府に対して、更なるフェアトレード推進と各国の取
 り組みの統合を求めていくということが一つ目の方針です。

  二つ目の方針である貿易問題に関しては、来年12月に香港で行われる
 WTO閣僚会議に向けて、公正な貿易と、途上国の小規模生産者や貧しい
 労働者の生活を守るためにフェアトレード団体全体として統一的なキャン
 ペーンを展開していくことが決定されました。さらに、FINEはCSR(企業の
 社会的責任)や2国間貿易協定などの分野でもメンバー間で活動の足並み
 をそろえていく方針を打ち出しています。

  このように、国際的なレベルで多くのフェアトレード団体ネットワーク
 が共通の方針を持って協力することは、政府や企業に大きな影響を与え、
 フェアトレードのさらなる拡大に貢献していくと思われます。しかし、今
 回のアドボカシー方針の内容を見ると、やはり欧米、特にヨーロッパの団
 体が中心になっているという印象を受けます。

  ヨーロッパには有力なフェアトレード団体が多く、ネットワーク化も
 進んでいます。FINEの中にヨーロッパのネットワークが2つ入っている一
 方で、他の地域のネットワークは入っていないということにもそれは現れ
 ています。よって、ヨーロッパの団体中心になるのはある意味で自然なこ
 となのかもしれません。

  しかし、世界規模でネットワークを強化して貿易システムを変えていく
 ためには他の地域や途上国での活動も活発に行われ、さらにそれらが足並
 みをそろえていくことが重要です。また、「多様性を尊重する」というこ
 とはフェアトレードの理念のひとつでもあります。従って、今後はアドボ
 カシーネットワークを拡大・強化しつつ、多様な団体の意見をどう民主的
 に反映させていくか、ということが課題になるといえそうです。

  例えばタイや日本のメンバーがアジア地域や日本政府に対するFINEの
 アドボカシーをリードする、そんなことが実現すると世界のフェアトレー
 ドはまた大きく前進するのではないでしょうか。
                              (小穴)

(*1)アドボカシー:自分たちの主張を社会に伝達し、支持者を増やすため
   の政治的はたらきかけ
(*2)FINEグループ:FLO(Fair Trade Lebelling Organization), IFAT
   (International Federation for Alternative Trade), NEWS!
   (Networkof European World Shops), EFTA(European Fair Trade    
  Association)という4つの国際的ネットワークの総称。それぞれの頭文
   字をつなげてFINEグループと呼ばれる。フェアトレードの基準をメン
   バー間で統一したり、共同でキャンペーンやアドボカシーを行っている


       (source: Fair Trade Advocacy Newsletter, Dec. 2004)

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

   今回のメールマガジンに関する感想をお寄せください。
   またフェアトレード関連情報もお寄せください。メールマガジンで
   取り上げさせていただく場合もあります。
   宛先は e-mail:ftsn_info@yahoo.co.jp です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
           (無断転送・転載禁止
[PR]
by FTSN | 2004-12-25 00:00 | メールマガジン

学生とフェアトレード

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2004.12.04
 FTSN主催イベント情報(転送歓迎!)
  「学生とフェアトレード 
    -フェアトレード団体が学生に期待すること、
                  学生が取り組めること」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 フェアトレード団体は学生にどんな活動を期待しているの?
 学園祭でフェアトレード商品を扱いたいけどどうすればいいの?
 たくさんの人にアピールできて、利益も出せるイベントって?
 フェアトレードを研究しているけど、インタビューってできるの?
 
 などなど、フェアトレードに携わる学生、これから関わってみたい
 学生の悩みは色々。そんな「学生とフェアトレード」の関わり方に
 ついて考えてみるイベントを企画してみました。

 フェアトレード団体の本音や他の学生の取り組みを知ることは、
 きっといい刺激になると思います。
 友達も誘って是非参加してみてください!

【主催】FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)
【協力】フェアトレードカンパニー株式会社
    特定非営利活動法人フェアトレードラベルジャパン
   (協力予定:ぐらするーつ、シャプラニール、ネパリバザーロ)

【日時】2004年12月19日(日) 13:30~16:30
【場所】東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋駅徒歩1分)
    センターのホームページ(MAP)
    http://www.tvac.or.jp/tvac/welcome/index.html

【内容】①フェアトレード団体に聞く、「学生に期待することとは何か」
     
     フェアトレードカンパニーの若手スタッフ中川さんに、学生
     によるフェアトレードイベントに対する印象や学生に対して
     期待することなどを直接伺います。「こんな学生の取り組み
     は好印象で、こんな学生は困りもの」なんて本音にも迫りま
     す。フェアトレードカンパニー以外の団体の意見も、各団体
     に対する事前インタビューをもとにFTSNから報告します。
     
②学生イベント報告会

     4~6大学の学生から、主催したフェアトレード関連イベント
     についてその企画概要、成果(来場者・売上・アンケート結
     果など)、反省点などを報告してもらいます。20万円近い売
     上を達成した大学、カフェを運営した大学など、色々な取り
     組みを紹介してもらう予定です。今後フェアトレード関連の
     イベントをやってみたい人、必見!

     <報告予定大学・団体>
      聖心女子大学・津田塾大学・一橋大学(以上確定)
      慶應義塾大学マヤビニック・東京農業大学・横浜国立大学
      獨協大学DECO・横浜市立大学(以上報告依頼中)
      
    ③フリータイム
     スペースをテーマごとに3つに分け、イベントや研究に関する
     悩みを相談したり、情報を交換したりする時間とします。
     フェアトレードについて一緒に考えていく仲間を見つけよう!

      A.イベント情報交換スペース
       フェアトレード関連イベントを実施した人、してみたい人
       の情報交換の場
      B.研究上の情報交換スペース
       研究内容について情報交換をする場
       (卒論等の相談・情報交換を想定しています)
      Cフリースペース
       FTSNメンバーと来場者の交流、来場者同士の交流の場

【参加費】300円(資料代・コーヒー代として)

【申し込み方法】 
     お名前・所属・連絡先を書いたメールを下記のメール
     アドレスまでお送りください。
     mail : ftsn_info@yahoo.co.jp

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
[PR]
by FTSN | 2004-12-19 00:00 | 活動報告

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)メールマガジン Vol.13

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
  そろそろ卒業論文を書き上げなくちゃいけないなぁと思いつつも、色々
 忙しくてなかなか進みません。FTSNにも論文作成で忙しくしているメンバ
 ーがちらほらしています。この時期はフェアトレード団体にも研究に関す
 る問い合わせが増えるとか。
  FTSNでは現在フェアトレードに関する研究論文や書籍、雑誌記事を収集
 し、皆さんの研究や調査に役立ててもらおうと「フェアトレード・リソー
 ス・バンク(FRB)」の整備を進めています。ある程度整備が進んだ段階で
 FRBのウェブサイトを立ち上げる予定でいるのでお楽しみに。
                               (多田)

⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒♪⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒♪
★ Contents ★

1、イベント情報
  ☆聖心女子大学のキャンドルナイト
                with フェアトレード・カフェ

  ☆FTSN主催イベント
   「学生とフェアトレード
        -フェアトレード団体の期待すること、学生の取り組み」

2、フェアトレード関連ニュース
  ☆ついに登場、コンビニで買えるフェアトレードコーヒー

  ☆イギリスのフェアトレード団体、もっとも革新的なチャリティー賞受賞

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

1、イベント情報

 ☆聖心女子大学のキャンドルナイト
               with フェアトレード・カフェ
                     ~想い、語り、考える夜に~
   
   聖心女子大学の学生有志団体のイベントです。ちょっと変わった
  キャンドルナイトの企画です。

【主催】マグダレナ・ソフィアセンター(MSC)学生ボランティア有志

【協力】特定非営利活動法人ピースフルエナジー

【日時】2004年12月20日(月)夜
     17:00 トークセッション  @宮代ホール
     19:00 キャンドルナイト  @聖堂&食堂

【場所】聖心女子大学
     渋谷区広尾4-3-1 TEL 03-3407-5853

【プログラム】
  17:00 プレ.キャンドルナイト 「トークセッション」@宮代ホール
         MSCの活動報告~ご挨拶に代えて 村田素子さん
  17:10 基調トーク 「キャンドルナイトへの思い」
         マエキタミヤコさん (キャンドルナイト発起人)
  17:45 提言トーク① 「貧困の問題からフェアトレードへ」
         北澤肯さん (フェアトレードラベル・ジャパン)
  18:15 提言トーク② 「核の問題からピースフルエナジーへ」
         勝田忠広さん (ピースフルエナジー)
  18:45 トークまとめ、質疑応答→※各自キャンドルをもって聖堂へ
  19:00 キャンドルナイト「黙想会」@聖堂
  19:20 聖歌合唱
  19:30 キャンドルナイト「フェアトレード・カフェ」@食堂
     (フェアトレードクッキー&ドリンク付き)

      ※20:30全プログラム終了予定
【参加費】
    500円(キャンドル代、クッキー、ドリンク代として)
     ※マグカップをご持参ください。
      (お持ちでない場合はカップ代として50円いただきます)
【申込み】
   学外で参加を希望される方はお名前、所属、連絡先を明記の上、
   事前にメールでお申し込みください。
    mscenter@u-sacred-heart.ac.jp
【主催者からのコメント】
    わたしたち聖心女子大学のボランティア有志がキャンドルナイト
   イベントを企画しました。フツーの女の子たちのスローなキャンド
   ルナイトのスタイルとはちょっとちがうかもしれません。
    キャンドルナイトをはじめる前にキャンドルナイトの意義につい
   て、ゲストのお話をきいて考えます。そしてキャンドルを囲んで、
   黙想をします。お祈りをします。みんなで平和な世界について語り
   合います。考えを深めたり行動をはじめたりするきっかけになる、
   そんな特別な夜にしたいと思います。
   
   クリスマス前のもうひとつの聖夜、聖心女子大のキャンドルナイト。
===================================
  
 ☆FTSN主催イベント
   「学生とフェアトレード
        -フェアトレード団体の期待すること、学生の取り組み」

  FTSNが学生のフェアトレードへの関わり方を考えるイベントを開催しま
 す。フェアトレード団体は学生に何を求めているのか、学生はどのような
 イベントを企画しているのか。色々な意見を聞きながら、フェアトレード
 との関わり方を考えてみませんか?

【主催】FTSN(フェアトレード学生ネットワーク)

【協力】ぐらするーつ、シャプラニール=市民による海外協力の会、
    ネパリバザーロ、フェアトレードカンパニー、
    フェアトレードラベルジャパン

【日時】2004年12月19日(日) 13:30~16:30

【場所】東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋駅徒歩1分)
    MAP:http://www.tvac.or.jp/tvac/welcome/index.html
【プログラム】
  ①フェアトレード団体スタッフに聞く「学生に期待することとは何か」
    フェアトレード団体のスタッフに学生の取組みへの印象、意見
    などを直接伺います。ゲスト以外の団体の方の意見も事前に行
    ったインタビューをもとに紹介します。

   <ゲスト>関根麻衣さん(シャプラニール=市民による海外協力の会)
        中川富祐子さん(フェアトレードカンパニー)

  ②学生イベント報告会
    今年も学園祭等で学生の色々な取り組みが見られました。
    複数の大学にその成果を報告してもらいます。
     
    <報告大学>慶應義塾大学、聖心女子大学、津田塾大学、
          東京農業大学、一橋大学、横浜市立大学

  ③フリータイム
    イベントや研究に関する悩みを相談したり、情報を交換したり
    する時間とします。
    フェアトレードについて一緒に考えていく仲間を見つけよう!

【参加費】300円(資料代・コーヒー代として)

【申込み】お名前・所属・連絡先を書いたメールを下記のメール
     アドレスまでお早めにお送りください。(定員40名)
       <ftsn_info@yahoo.co.jp>

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2、フェアトレード関連ニュース

 ☆ついに登場、コンビニで買えるフェアトレードコーヒー

  大手スーパージャスコ、マイカルなどを展開するイオン。そのイオン
 がプライベートブランド「トップバリュ」の商品の一つとしてフェアト
 レードコーヒーを販売し始めました。以前からイオングループのスーパ
 ー、ジャスコではフェアトレードコーヒーが販売されていましたが、12
 月7日からはイオングループ17社の1550店舗にフェアトレードコーヒー
 が置かれています。そしてこの17社のうちにはコンビニエンスストアの
 ミニストップも含まれています。ついにコンビニで買えるフェアトレー
 ド商品の登場です。
  この「トップバリュ」ブランドのコーヒーはインドネシア、タイ、エ
 チオピアの生産者組合によって栽培され、フェアトレード認証団体FLO
 (Fairtrade Labelling Organizations International)から認証を受け
 た豆を使用しています。レギュラータイプとドリップタイプの2タイプ
 が販売されますが、ミニストップで買えるのはこのうちドリップタイプ
 です。コンビニエンスストアでは手軽なタイプのものが売れるとの判断
 があったのかもしれません。
  イオンではフェアトレードコーヒーを導入したきっかけとして顧客か
 らの要望があったことを挙げています。イオンは小売業界でいち早く
 労働者の人権の保護に関する規範を定めた規格、SA8000を取得するなど
 環境や人権の問題に敏感な企業として知られています。このような企業
 に対しフェアトレードの重要性を訴えていくことは、フェアトレード商
 品の販路拡大においては有効な手段となるでしょう。
  大手企業のフェアトレードへの注目度は高まっています。これからは
 フェアトレード商品の販路拡大を目指すだけでなく、フェアトレード商
 品を導入した企業が継続的にフェアトレード商品を扱っているか、説明
 責任を果たしているかなどを、チェックしていくことが大切になるので
 はないでしょうか。
                            (多田)
(source:日経プレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=88222&lindID=2)

*この記事はフェアトレードラベルジャパン、北澤氏の情報提供を
 参考に作成いたしました。
===================================

 ☆イギリスのフェアトレード団体、もっとも革新的なチャリティー賞受賞

  イギリスのフェアトレード団体であるトレードクラフト・エクスチェ
 ンジが11月22日、イギリスでもっとも革新的なチャリティー団体(イギ
 リスの法人格のひとつ)に選ばれました。この賞は、サードセクターマ
 ガジンというNPO/NGO専門情報誌と、スコットランド王立銀行によって
 主催されています。

  トレードクラフト・エクスチェンジは株式会社を設立して途上国の生
 産者を支援すると同時に、近年ではイギリス政府やEU政府の政策にも
 影響を強めています。また、最近ではイギリスのさまざまなチャリティー
 団体のネットワークを組織し、EU政府が77の途上国の間で合意しよう
 としている貿易交渉をやめさせるためのキャンペーンを展開しています。
 このように影響力を増している活動が評価され、今回の受賞に至ったよう
 です。

  代表のチャンドラー氏は受賞にあたり、「私たちのような小さな団体に
 とって、革新的であることこそが、貿易を通して貧困問題に取り組むうえ
 でもっとも重要な武器になっているのです。」とコメントしています。

  イギリスではこの賞をはじめとして、NPO/NGOを支援する制度が日本に
 比べて充実しています。しかし、限られた資源で大きな目標に取り組む
 上で、アイデアと工夫が重要になるという点はどこの市民団体にも共通
 していると言えそうです。日本でも優れた取り組みをさまざまな市民団体
 が学び合う場が増えていくことが、NPO/NGOの活性化につながるのではな
 いでしょうか。
                             (小穴)
(source: http://www.traidecraft.co.uk, http://www.thirdsector.co.uk)

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

   今回のメールマガジンに関する感想をお寄せください。
   またフェアトレード関連情報もお寄せください。メールマガジンで
   取り上げさせていただく場合もあります。
   宛先は e-mail:ftsn_info@yahoo.co.jp です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
           (無断転送・転載禁止)
[PR]
by FTSN | 2004-12-12 00:00 | メールマガジン